婚約指輪っていつ贈るの?結婚指輪との違いとは

本来はそれぞらに意味がある婚約指輪と結婚指輪の役割!

一般的に結婚をする時に男性が用意をする指輪には、婚約指輪と結婚指輪の2種類を用意する事になります。
婚約指輪と結婚指輪の違いは、婚約指輪が結婚の約束をした証しとして男性が女性に贈る指輪の事で、結婚指輪は結婚式の時などに誓う将来への証しとして使用される指輪になるので、ペアリングになっています。
それぞれの指輪の特徴は、婚約指輪は、婚約時の記念という意味も含まれていますので、比較的豪華なイメージや記念品という考え方からつくられる指輪なので、使用をする石もダイヤなどを使用する事が多く、見た目にもわかるような大きさの石を使う事が多くなります。
一方、結婚指輪は夫婦の証しにもなるので、日常生活の中でも使用をするのに適したシンプルな作りになっているものが多くなっています。女性のリングにはワンポイント的に小さなダイヤなどを埋め込む事もあります。

必要に応じて可能な婚約指輪と結婚指輪の兼用とは!?

婚約の時には、婚約指輪で結婚の時には結婚指輪という考え方が、一般的な考え方にはなっていますが、中には予算の都合やお金の使い方を別の部分に使う事を考えているカップルも多くなっています。
兼用の指輪の多くは、日常生活として利用が可能な結婚指輪のシンプルさを基本としていますが、通常の結婚指輪よりはデザイン的に凝ったつくりになっている事で、婚約指輪としての豪華さも残しています。
兼用の指輪を利用する事で、費用面でゆとりが出ますので、結婚後の資金に利用をしたり、新婚旅行を豪華にしたりという目的で利用をするカップルもいますが、何年か経ってから、やっぱり婚約指輪と結婚指輪は別にしておけばよかったと思う夫婦もいるようなので、どちらの方法を選択するかは、決して安い買い物ではないので、事前にしっかりと確認をしておくことが大切になります。

結婚指輪を千葉で購入する場合には、事前にジュエリーショップに来店予約を入れてから、じっくりと相談するのが賢い方法です。

© Copyright Simple Wedding Ring. All Rights Reserved.